プラネット・ウィズ 9話

・戦士の戦う火は消えた。

 ――一度は、という訳で。

 

「君に竜を倒してほしい」

「ああ、俺が竜を倒す」

 

・戦士は幸せな夢を見ることさえ出来ず、立ちどまさせられた大切なものを救うために戦うことを決意する。

・そして戦う前に、立ち止まさせられて、立ち止まりたくないと願った人を救おうと声をかける。

・いやあ、幸せな夢を振り切って、辛い現実に帰ってくるのは使い古したネタだけど、王道ならではの良さがあるね、やっぱり。

宇宙よりも遠い場所 12話

・報瀬がとうとう母親に追いつこうとする。

そこについたら先はない。

終わりなの。

もし行って 、何も変わらなかったら。

 ・ここに来ての怖れ。報いはあるか、という話。

 ・最初のお金を数えて、途中で一緒に来た仲間が友達と気づいて――それまでの経過は間違っていなかったと知った。

・そして最後。追いついたところで見つけたもの――最初の動機/自分の感情。いや、あれは反則。泣くでしょ。

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい 6話

・1クール目の最終話。JK相手にゲームで勝って、パンツを見せることを所望するの巻。

・1話以降悪くないけど今一つ程度だったけど、今回は素晴らしかった。

・兎に角、絵になる場面が多かった。

・立ちあがって机をずらす立ち姿、指差して詰る表情、後ろを向いてこちらを向くポニーテール。

・いや、ほんと最高!

 

f:id:pub99:20180821212755j:plain

プラネット・ウィズ 1話

・記憶喪失の主人公と、正体不明の猫の着ぐるみとメイドさん。幸せな記憶を見させる巨大物体と、敵対する7人の超能力者。

・主人公が超能力者らに敵対することになるのは何故か――あたりが序盤のフックかな。

水上悟志臭がきちんとするので、今後も見続けると思う。

・あと委員長が可愛い。