ミッドサマー

twitterのTLで話題になっていたので、ミーハーなので観に行きました。

・怖い・外に出たくなったなどという文字を見たのでかなり身構えて行ったのですが、あまりそんなことはなく。

・予想以上にホラーというよりもカルト系のムービーでした。

・主人公が家族を失った喪失感と離れ行く彼氏というストレスを、カルトに取り込まれ/カルトを取り込んで、自分なりにストレスから解放された過程を描いていっていました。

・ただ恐怖というのは緩急の差が必要なのはわかりますが、立ち上がりは悪い意味でゆったりとしすぎていました。全体的にも間延びしており、上映時間2時間超えは無駄が多かったです。

www.youtube.com

 ぎゅっと詰まったCMは面白そうだったんですがねー。

 

・絵面も明るくスプラッタなカルトとして普通でしたし、結局あんまり面白くなかったです。熊のあたりはちょっと持ち直したかなと思いましたが、時すでに遅し。

・なおモザイクはかかるタイミングがよくわかりませんでした。最初からならわかりますが、なんで最後のフィニッシュのあのタイミングだけ?  これはシェイプオブウォーターでも思ったことですが。

劇場版『SHIROBAKO』 感想

・4年後のムサニ/とある失敗で倒産しかけて下請けになったムサニの物語。

・上山高校アニメーション部の5人娘もそれぞれ停滞し、今のままで良いのかと悩む日々。そこにムサニに公開期限まで8か月ぐらいしかない劇場版作成の話が舞い込んで――と進んでいきます。

・散り散りになった仲間が再度集まり、また特性を発揮していくという流れは劇場版らしかったです。

・しかし台詞での前向きになれという説教臭さが過多に感じたのと、ミュージカルと殺陣の挿入のつまらなさ(様々なアニメーション方式を活用する意図は判りますが)には興醒めさが大きく、乗り切れないところがありました。

・そんな訳でメインストーリーよりもぽんかんデザインのキャラが活き活きと動いているのが観てて引き込まれました。

 伝わらない好きさで言うと、みゃーもりが雪降る公園でブランコを漕いでいた時に後ろから人形にど突かれたあたりの、うっとなっているみゃーもりの表情は神がかって良かったです。

 

・まあ、でもですね。

 なんだかんだ色々あって、仲間たちと集まって結果を出して、まだまだこれから俺たちの戦いは続いていく――という終わりの後に、この歌が流れた時にはぐっと来たものです。

www.youtube.com

 だからきっと、この劇場版は僕は嫌いになれないかと。

冴えない彼女の育てかた1期 5話

・恵とのデート回。

・手をつないできゅんきゅん、眼鏡をかけてくるキュートな仕草。

 ――どこが冴えないヒロインなんだ!