BEATLESS 1話

・ちょっと期待度が高すぎたのか、あれっという感じ。 ・全体的にのれなかった。 ・というか地の文が欲しい。 ・評判良かったら続きを見る感じかなあ。

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 1-6話

・須美の過去の話。――必然的に悲惨な終わりを迎える物語。 ・園子がアッパーだけど優しい非常に良いキャラになっていた。 ・葬式シーンがなんかぐっときた。 ・全体的には良かったかな。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 12話

私の涙の意味が判らない ・2週目の物語――あるいはもう何週目か判らない少女たちの犠牲でなりたってきた宇宙の物語。 ・しかしまさかの東郷さんの顔にマジパンしてからの流れるように抱きしめである。流石。 ・マッチポンプが終了してからお役目御免で、ゆっ…

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 10話

・東郷さんの過去の一部、あるいは世界の真の姿。 ・まさか切腹シーンがあるとは。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 8話

・勇者システムの話。 ・――君たちは選ばれた。 ・――無くしたものは還ってこない、これから更に無くしていく。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 6-7話

・戦後の話。 ・いるかいらないかだといるんだろうけど圧縮しても良いような。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 5話

・まさかの最終決戦と満開への覚醒。 ・大気圏突入が非常にエモくて良かった。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 3話

・新キャラ登場。 ・うどん食べたい。 これから全部が楽しくなるよ。 ・なんか色々と厄そうではある。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 2話

・敵前逃亡と落ち込む東郷さんが可愛い。

結城友奈は勇者である -結城友奈の章- 1話

讃州中学勇者部が当たりだった。 ・真珠様に選ばれてしまった少女たちの物語。 ・友奈の初変身が、変身しながら戦う感じで格好良い。

プリンセス・プリンシパル 8話

・かつてあった話――プリンセスとアンジェとの始まりの物語。 ・そういう可能性があるとは思っていたけど、非常に良い形で魅せて貰った。

プリンセス・プリンシパル 6話

-ドロシーメイン回。 -ダメ親父との交流。こうなるだろうなあという予測がついた悲劇へと突っ走っていく。 -ちょっとエモく盛り上げ過ぎではあったけど良かった。

プリンセス・プリンシパル 5話

-ちせ参入回。 -殺陣が非常にキレキレで良かった。 -列車でのトランプはなんだったんだろう。 -黒トカゲ星をあっさりと納得されて動揺するアンジェが可愛い。 -ちせの墓参りのシーン。まさかここで痛いの痛いのとんでけを回収するとは。じんときた。

天使の3P! 9話

・島編完結。 ・うーんなんか微妙かなと観ていたけど、劇中歌が非常に良かったので終わりよければすべてよしかと。

天使の3P! 6話

・希美にイギリス人の祖父が迎えに来る回。 ・幸せの形とは、子供の我儘――素直な希望――の言い所。 ・良く出来ていて感動した。

SHIROBAKO 23話

・最後の一撃にやられ、泣ける回だった。 ・2期になってからそれなりに面白いけどちょっとだるいなあと思っていた。ただ1人取り残されていた彼女も気になっていた。そこへ来て、あのどんでん返し。そう来るか!! と歓喜の声を上げてしまった。 ・夢でも頑張…

SHIROBAKO 8話

・絵麻の苦難と宮森姉の来訪を並行に描いている。 ・じんわりとよかった。 ・劇的なナニカが起きるわけではなくて、しょうがないことを受け入れながらそれなりに進んでいくという感じ。 ・絵麻と宮森姉の屈託は似通っているけど、二人が合わず、宮森姉に爽快…

セイレン 9-12話

・桃乃今日子ルート。 ・幼馴染との恋愛をストレートに描いている。 ・退屈だけど、失いたくない存在、誰かに取られたくない存在としての存在感はあったと思う。 ・最後パンツ履かせたには脱力したが、まあらしいので良いのでは。

セイレン 5-8話

・宮前透ルート。 ・ゲーマーとしてあり続けることをかなりニュートラルに書いている。辞める人が多いし、もう誘っても前のようには付き合えず取り残されたか感じがして、でも続けることを誰も否定しないみたいな。 ・スキルートなんだろうけど、エンディン…

セイレン 1-4話

・常木耀ルート。 ・机に残ったお尻の形という初っ端のパンチは良かった。 ・夏期講習でのイベントも学生時代的に懐かしくて楽しい。 ・荒木先輩と仲良くなりたい同級生の処理はサツバツとしてちょっと吹いた。 ・ナカヨシエンドっぽいのも良し悪しだけど、…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1話

・搾取される火星、互いのみを信じる少年兵団、生粋のエースパイロット、――そして切り札たるガンダム。これよ、これ!

1-1.序章

・記念すべき第一話。モルダーとスカリーのお話はここから始まった。 ・と言っても整合性はかなり悪く、印象悪い。 ・同年代の青年が連続して怪死を遂げた事件を追うのだけど、なんで類人猿が棺に入っていたのかとか、赤いバツ印は何だったのかとか、イメー…

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 2話

・ゆっくりと話が進み、物語は軋みを上げていく。 ・スターク家とラニスター家とは、王と王の手との互いは信じ合いながら、周囲が勝手に摩擦を生み、すれ違いは大きくなっていく。 ・スノウは壁に到着。理想とは異なるナイトウォッチの姿に悩む。 ・ターガリ…

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 1話

・ファンタジー戦記のドラマとして映像の完成度は非常に高い。衣装とか建物とか食事は作品内リアリティを上げている。 ・ストーリーとしてはまだ序盤の序盤なのでなんとも。 ・普通に女性の裸が出てくる。超美人はいないのは残念。

ラーゼフォン19話

・傑作回と聞いてはいて身構えて観た。そしてまあ、やっぱり震えた。こいつは凄い。今までは時々良くても大筋では微妙だったが、この回は素晴らしい。 ・枠としてはよくあって、ヒロインとの逃避行から、ヒロインが知らぬ間に敵になっていて殺してしまう――と…

ラーゼフォン15話

・前回気になるところで終わってのサイドストーリー。 ・少年2人と少女1人の箱庭からディストピアが牙をむく。 ・もともとの話との接合はこうしかないというBパートではあった。

ラーゼフォン14話

・ラーゼフォンの代わりとなる機体の登場。 ・共闘せずに、相対するのだけど――、よくわからないどんでん返しを喰らわされる。 ・狐につままれたというのが正しい感覚だけど、綾人の想いにシンクロして、欲求が全く解消されず胸がかきむしられる。

アカメが斬る19話

・「正義」への応報。 ・今回タツミは格好良すぎて、確かに惚れるなあと。マインさんの赤面のかわいらしさがやばい。 ・しかしマインさん、最後だめー。死亡フラグじゃないっすか、やだー。

ツインピークス5章

・出だしはにぶいかなと思ったけど、後半話が動いてきた。 ・丸太おばさんの笑劇具合はやばい。何気に一番真相に迫ってそうだし。 ・ローラの闇が徐々に明らかになってくる。

ツインピークス4章

・似顔絵の男が判明してから鉄工所のオーナーが脅されていると判明するまでの1日。 ・片腕の男出てきたけど、今後関わるのだろうか。関わらない気がするけど、1発ネタにしては濃い。